2011年2月25日金曜日

コンピュータの名著・古典100冊

前回のエントリでは、
「最近、コンピュータやソフトウェアについて体系的に勉強したいなと思っています。」
と書きました。
しかし、いざ自分で勉強しようと思っても、どの本を自習用教材にすれば良いのかで迷いました。
また、初心者でもがんばれば読破できて(適度な難易度で)、単なるハウツー本やバズワード系流行り本ではない本(内容に普遍性がある本)を探すのは難しいなと思っていました。

ところが先日、たまたま近所の図書館で良い本に巡り会いました。

コンピュータの名著・古典100冊 という本なのですが、その名の通り、コンピュータサイエンスにおける名著を紹介するブックガイドです。

この本の素晴らしいところは、コンピュータサイエンスの技術的な側面だけではなく、歴史や人物や思想といったジャンルも含めた11個のカテゴリーに分けて、それぞれの名著を紹介しているところです。
参考までに11個のカテゴリを載せておきます。

1.歴史
2.人物・企業
3.ドキュメンタリー
4.思想
5.数学/アルゴリズム
6.コンピュータサイエンス
7.アーキテクチャ/OS/データベース
8.コンパイラ/言語
9.プログラミング
10.ソフトウェア開発
11.インターネット

加えて、選定基準の1つが「10年ぐらい経っても古くならない本」ということで、流行に左右されない本を紹介しているところも良いです。

というわけで、IT業界で働く全ての方にこの本はおすすめです。
まずは、自分の関わっているジャンルの名著から読んでいき、必要に応じて他のジャンルにも進んでいくのはどうでしょうか?
各章末にはゲストライターによるコラムも収録されていて、その部分だけでも楽しく読むことができると思います。



ちなみにこの本は、2006年に改訂されています。
2003年に出た初版本とは、基本的に推薦されている本は同じなのですが、コラムを寄稿されている方のメンバーが変更になっています。
個人的には、西和彦さん、まつもとゆきひろさん、斉藤秀夫さんが寄稿されている初版本
が好きだったりします。

0 件のコメント:

コメントを投稿